こころの援助が必要な方の、少しでも身近でありたい。。。

新型コロナ感染症罹患時にご自宅で安全にお過ごしいただくための注意事項

沖縄県からの情報の案内です。

現在、新規感染者の急激な増加で、検査や入院の調整に時間がかかって自宅での待機が余儀なくされている状況です。
下記サイト(沖縄県公式HP)に自宅での過ごし方が掲載されています。

新型コロナ感染症の方がご自宅で安全にお過ごしいただく場合の注意事項
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/chijiko/kohokoryu/koho/documents/zitaku-tyuiziko.pdf

沖縄県の新型コロナ特設サイト
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/chijiko/kohokoryu/koho/2020_new_corona_potal.html

新型コロナ対策:学校で使える子どものこころ対応ブック

学校向けの新型コロナウイルス感染症へのこころのケアについての情報をまとめた冊子を作成しました。

学校現場での児童・生徒のこころのケアにご活用ください。

*この冊子の内容について、インターネットでの無断転載、印刷物の無断配布は禁止しております。転載・資料配布を希望される際は、沖縄県公認心理師協会事務局までお問い合わせください。

コメント 2020-06-17 180505

  ↑ここをクリックするとPDFで文書が開きます。

新型コロナウイルス感染症に対応する保健医療・福祉従事者向けの遠隔相談を開始しました

沖縄県公認心理師協会では、日々新型コロナウイルス感染症の治療・予防に従事する沖縄県の保健医療・福祉従事者向けの遠隔相談「ここ・コール」を実施しております。

詳細については、下記の写真をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-08-29 09.21.59

 

 

保健医療・福祉従事者のためのストレスチェックとセルフケアの資料

ご自身のストレスを客観的指標を用いてチェックしてみませんか。保健医療・福祉従事者のためのストレスチェック票を用意しました。ストレスチェックとそれに基づくセルフケアについての資料が閲覧できます。

保健医療・福祉従事者のためのストレスチェック票&セルフケアのための資料

新型コロナウイルス感染症関連情報

一般の皆様へ

「沖縄県公認心理師協会新型コロナウイルス感染症こころのケア対策本部」を立ち上げました。

沖縄県公認心理師協会では,COVID-19(新型コロナウイルス)感染症に関わって生じる多様な心理的問題に対して,他機関と連携しつつ,迅速かつ継続的に支援を提供することで沖縄県民のこころの健康に資するため,新型コロナウイルス感染症こころのケア対策本部を4月26日に設置しました。

「新型コロナウイルス感染症こころのケア対策本部要項」詳細についてはココをクリック

「新型コロナこころの健康相談電話」のご案内

 全国に緊急事態宣言が出され、見えないウイルスに不安を感じる毎日です。 一般社団法人日本臨床心理士会と一般社団法人日本公認心理師協会では共同事業として、こ うした不安に対処するために、「新型コロナこころの相談電話」を開設しました。 ココをクリックすると外部サイトにジャンプします。

新型コロナウイルス感染症に関連する相談機関窓口・支援制度のご案内

 沖縄県民の皆さんが利用できる「こころや対人関係」の相談機関、生活費支援の制度をまとめています。

【ご案内のページ】へジャンプする。

新型コロナウイルス:こころのサポート情報リンク集(一般向け)

新型コロナウイルス感染症に関連するメンタルヘルス・家庭生活で役に立つ情報をリンク集にまとめました。 【ご案内のページ】へジャンプする。

新型コロナウイルス感染症に関するストレスとのつき合い方

新型コロナウイルス感染症への心配、自粛生活へのストレス、先行きの不安など、様々なストレスにどのように付き合っていけばいいのか、知っておきたい豆知識をまとめました。【こころとからだをほっと一息】 入口ほっと一息

沖縄県臨床心理士会は「一般社団法人沖縄県公認心理師協会」に移行しました。

沖縄の海

沖縄県臨床心理士会は、4月1日をもって一般社団法人沖縄県公認心理師協会に移行いたしました。当会は「公認心理師」と「臨床心理士」が所属する職能団体として、新たにスタートします。

2017年に「公認心理師法」が施行され、2019年4月に心理職の国家資格「公認心理師」が誕生しました。沖縄県臨床心理士会所属の臨床心理士の多くが公認心理師資格を取得し「臨床心理士」「公認心理師」として臨床活動を行うことになります。この度の会の移行は、広く県民の皆様に混乱のない職能団体の名称が必要であると考え「一般社団法人沖縄県公認心理師協会」という名称の職能団体になりました。また、これまで沖縄県臨床心理士会として活動してきた経験の蓄積や公的機関からの受託事業、関係諸機関との連携を一般社団法人沖縄県公認心理師協会においても切れ目なく継続することが、職能団体の社会的責任として大切だと考えております。

ますます増大する心理支援のニーズに応えるため、会員が相互の連携を図り、資質向上に努め職能倫理を遵守し、広く県民のこころの健康の保持増進に寄与していきます。当会では、委員会制による情報交換や相互支援制度、研修体制の充実、スーパーヴァイズ制度の設立なども図っていきたいと思います。

今までの沖縄県臨床心理士会会員の皆様、新たに臨床心理士資格を取得された方や公認心理師資格を取得された方にも是非、当会に入会していただきたいと思います。

 沖縄県公認心理師協会会長 平安 良次


HIV2.jpg 沖縄 子どもの未来 県民会議